IPO(新規公開株)への参戦スタンス

IPO(新規公開株)への参戦スタンス

私は最近投資に目覚めた感じのいわゆるどこにでもいるような凡人です。

投資と言っても難しいことは分からない素人です。人知れず投資をはじめて人知れず姿を消していく一般的なパターンの中の一人になるようなタイプだと自分では思っています。

その凡人なりの投資スタイルを模索しています。

今回は凡人なりのIPO(新規公開株)への参戦スタンスをご紹介します。

IPOの基本は「当たらない」

様々なIPOブログを読んでみると、基本的にIPOは当たらないものだと心得ています。

ですので、当たらないという前提で参戦します。

少ない資産を効率よく使う

私はいわゆる凡人ですので、資産もそんなにありません。

IPOは証券会社にもよりますが、抽選に参加する時点で

  • 抽選申し込み時に資金が必要又は拘束される
  • 抽選申し込み時に資金は不要だが抽選時には必要
  • 抽選申し込み時、抽選時に資金は不要

というのが代表的な3パターンのようです。そしてその資金についても

  • 申し込み毎(銘柄毎)に資金が必要
  • 同一資金で複数申し込み(銘柄)への申し込みが可能

というのが代表的なパターンのようです。

資金が少ない私としては、申し込み毎に資金が必要で拘束されるパターンはかなり厳しいと思っています。

凡人としては

抽選申し込み時、抽選時に資金が不要な証券会社、もしくは抽選時に資金が必要な場合でも同一資金で複数申し込みができる証券会社

を選択することになります。

そして資金の使い方としては、

1銘柄のBB上限価格(公募価格ですか?)が最高で40万円と想定して、3~4社の証券会社に資金を入れておく、そして資金の拘束が無い証券会社で万が一当選した場合は速やかに入金できるようにある程度の残高を確保しておく。

と言う感じになるのかなと思っています。

IPOに参戦する証券会社

現時点で、私がネットで調べてIPO参戦を考えている証券会社は、

  • 野村證券・・・資金当選時
  • ライブスター証券・・・資金購入申込時
  • 岡三オンライン証券・・・資金当選時
  • みずほ証券・・・資金申込時・同一資金OK
  • 大和証券・・・資金申込時・同一資金OK
  • SBI証券・・・資金抽選時・同一資金OK

となります。

  • SMBC日興証券
  • マネックス証券
  • その他の証券会社

については、資金的な問題で参加は難しいと思います。しかし、抽選枚数が多い場合や資金に余裕が出てきたら一部参戦という感じにできればいいかなと思っています。

3社に常時資金準備、2社分予備

イメージとしては

  • みずほ証券
  • 大和証券
  • SBI証券

の3社に常時資金を入れておいて、

  • 野村證券・・・資金当選時
  • ライブスター証券・・・資金購入申込時
  • 岡三オンライン証券・・・資金当選時

は当選時に資金が準備できるように、(1社分)

  • SMBC日興証券
  • マネックス証券
  • その他の証券会社

は抽選枚数が多いなど、参戦する場合に備えて準備(1社分)

という感じです。

全部で40万円×5社分=200万円という感じになると思います。

但し、SBI証券は投資信託の積立投資をしていますので、資金は兼用となります。

目標は3年に1回当選

IPOは参加者も多く当選確率も低く平等抽選も少ないという事ですので、恐らく当選することはほぼないと思います。

でもそれでは面白くないので、目標として「3年に1回当選」を掲げて頑張ろうと思います・・・無理かな・・・。

いずれにしてもIPOの抽選結果は、当ブログで公開していこうと思っています。

よろしくお願いします!!