夫婦のお金は1つにまとめて一元管理する~家計管理の考え方~その1

夫婦のお金は1つにまとめて一元管理する~家計管理の考え方~その1

うちの家計管理に対する考え方は

  1. 夫婦のお金は1つにまとめて一元管理する
  2. 家計はお金の大きな流れを把握できればいい
  3. 1円単位で家計簿をつける必要性を感じない
  4. 生活費だけではなく資産全体を管理したい
  5. 将来に向けた資産運用は必須

この5項目を基本としています。

今回はその中の

『夫婦のお金は1つにまとめて一元管理する』

について説明します。

夫婦別財布のメリットは少ない?

うちは夫婦共働きです。夫婦の給与はそれぞれの銀行口座に振り込まれます。

うちでは子供が生まれるまでは給与は各自が管理して生活費を折半するという家計管理方法でした。

メリットとしては

  • 生活費以外は各自が自由に使える
  • へそくりや貯金が自分の裁量でできる

と言う感じでした。

と言うよりもお金の自由度が高い以外に特にメリットを感じなかったという事です。

お互いがどの程度貯めているのか良く分かりませんし、生活費以外の特別支出や大きな支出が必要な時の金額の負担割合やその他お金に関する擦り合わせにそれぞれの考えや主張が交錯する事もありました。

それに生活費部分の支出額は毎月変わるので、お互いが負担する金額も毎月変わってしまうので最終的にはその折半額を計算するのも面倒になりました。

収入を1つにまとめる

うちは、子供が生まれるタイミングで夫婦の収入を1つにまとめて管理することにしました。

妻の産休、育休中の生活費の問題や復職後の仕事のペース、住宅購入や教育費の準備などを考えると、個人の裁量ではなく家庭全体としてお金を管理する方が良いのではないかと考えた結論です。

そしてもともとお金にかなり無頓着なタイプの妻に対し、私はキッチリ管理するタイプでしたので自然と家計管理は私の役割になったわけです・・・。

まとめてもルールは必要

お互いの収入を1つにまとめて管理する事自体は簡単にできますが、夫婦それぞれの思いや考え方を統一するのは難しい事です。

例えば、

  • 生活費の範囲やお小遣いの金額は?
  • 昼食代や職場の冠婚葬祭、各種会員費・会費などは?
  • 仕事で必要なものの購入費用は?
  • ボーナスや報奨金、年調などの配分の有無は?

などなど。

お互いの理屈を言えばきりがありません。

そこでうちでは

  • お小遣いの額を多くして身辺関連の支出はそこからする
  • ボーナスにつてのみ一律の割合でお小遣いを支給する

というルールを決めてお互いが自由に使えるお小遣いを増やしました。通常はこのお小遣いで十分足りる事になります。

どうしてもお金が足りないとか必要な場合は、都度検討するという事にしました。

実際、都度検討するようなイレギュラーケースは少なく、このルールだけで十分やっていけています。

夫婦のお金を1つにまとめて一元管理する意味

こうして夫婦の収入を1つにまとめて一元管理するようになったんですが、今まで出入口が別々だったものが1つにまとまったので、収入や支出、預貯金などその流れも明確になり無駄も減って半年位で預貯金額も顕著に増えてきました。

夫婦それぞれの形がありますので、うちのようにまとめることが良いとは限りませんが、うちはまとめることで家計管理がスムーズになりました。