将来に向けた資産運用は必須~家計管理の考え方~その5

将来に向けた資産運用は必須~家計管理の考え方~その5

うちの家計管理に対する考え方は

  1. 夫婦のお金は1つにまとめて一元管理する
  2. 家計はお金の大きな流れを把握できればいい
  3. 1円単位で家計簿をつける必要性を感じない
  4. 生活費だけではなく資産全体を管理したい
  5. 将来に向けた資産運用は必須

この5項目を基本としています。

今回はその中の

『将来に向けた資産運用は必須』

について説明します。

金融機関への預貯金だけでは増えない

現在の金融機関の普通預金金利は0.001%とかです。100万円預けて1年で10円の利息って・・・。こんなのいらないって話になります。

つまり、今は銀行にお金を預けていても増えないという事です。それよりもインフレが進むと銀行に預けているお金の実質価値が低下するなんて良く言われます。

せっかく頑張って貯めたお金が金額は減らないにしても価値が落ちるというは・・・ちょっと嫌ですよね。

そういうわけで、うちでは資産の一部を投資することにしています。・・・と言っても最近のことですが・・・。

現在の資産運用状況

そんな私の現在の資産運用は・・・

投資すべきは米国株と考えます

まずは投資信託です。その投資対象としているのが米国株です。

以前に記事にしましたが、

投資すべきは米国株と考えます・・・投資信託の投資スタンス

投資信託の毎日積立を実践しています。

現状、積立額はまだまだ少ないですがこのまま継続していこうと思っています。

IPO(新規公開株)への参戦

次に少ない資産を効率良く運用するために、IPOにも参戦しています。

IPO(新規公開株)への参戦スタンス

当選することはほぼ無いと思いますが、確率と言いますか可能性はゼロではありませんので、万が一当選した場合は、積立投資資金にでもしようかなと思っています。

仮想通貨はチャレンジ

最後に仮想通貨です。こちらは少額(10万円)しか投入していませんが、これから市場がどう成長するのか少しでも関わっていたい、興味があるという感じです。

保有している仮想通貨

頻繁に取引するというよりは、現状保有している通貨の成長?衰退?を見守る感じです。

配当目当ての株式投資も

現時点ではまだ何も考えていませんが、少しずつ知識が身に付き経験も積めれば、株式への投資も考えたいと思っています。

こちらも譲渡益を狙うよりも配当を狙う感じになると思います。

現金と投資の割合

預貯金だけではお金は増えませんが、どの程度のお金を運用に回すのかは難しい判断です。現時点では、まだ運用をはじめたばかりですので投資額は全体で数十万円程度です。

これから少しずつ投資額(積立額)も増えていくと思いますので、この無リスク資産とリスク資産の割合についても考えていこうと思います。